iPhone歴10年にして【Galaxy Note 8】に乗り換えた話。

iPhoneからの卒業

今回の記事はレビューでもなんでもなく、iPhoneが国内販売された時からずっとiPhoneユーザーだった私が、10年目にしてAndroidに乗り換えた、というお話。

興味の無い方も多数おられるかと思いますが、健忘録として残したいと思います。

iPhone 3Gから約10年

今から約10年前、ソフトバンクからiPhone3Gが発売され、すぐに購入。

【未だ捨てられないiPhone 3G】

当時ガラケー全盛期の中、「ショートメールが送れない」「絵文字が使えない」「携帯サイトが見られない」等、周囲から嘲笑されたのを覚えています。

【個人的にかなりの衝撃でした】

それでも「新しいモノ好き」の私は、その革新的な『モノ』に感動しながら使用を続け、また、年々進化していくiPhoneを追い続けてきました。

Androidの登場

徐々にアプリも充実、TwitterやFacebookなどのSNSも浸透し、iPhoneが地位を確立してきた中で、「アンドロイド」が出始めます。

「おサイフケータイ」「ワンセグ視聴」等、iPhoneには無い便利な機能は揃っていましたが、店頭で触ってみてもiPhoneのシンプルなUIに比べアンドロイドのUIはとても複雑に見え、また、画面のスクロールもカクツキが見られ、全く魅力を感じていませんでした。

iPhone Xに対する違和感

あれから月日が経ち、2017年にiPhone 8/Xの発表。iPhone7を使用していた私は発表イベントをストリーミング放送で視聴。

Face IDや大画面の有機EL、背面ガラスやステンレスを使用したボディは大変魅力的に思えましたが、、、
「何か違う。。。」

そう感じてしまいました。

うまく言葉に表せない感じですが、購入意欲、物欲が全然湧かない。

実際発売されて、実機を店頭や友人に触らせてもらっても「うーーーん。。。」

YouTubeで開封動画やレビュー動画を見ていても「うーーーん。。。」

「グッときた」Note8のCM

「とりあえず今回は見送ってiPhone7を使い続けよう」

そう決意してしばらく経った頃、TVのCMでコレ↓↓↓が流れました。

初めて見たその時から、心奪われました。

CM最後の言葉『グッときたー』はまさにそれ。スマホでペンが使える事が、何か「新しい事」「面白い事」に繋がっていくゾクゾク感が物欲に火を灯しました。

それ以降、YouTuberの方のレビュー動画を見ては「いいなーいいなー」と想いを寄せていたんですが、私の携帯キャリアはずーっと SoftBank。そう、SoftbankではNote8の取り扱いが無く、気軽に機種変更出来ない状態。

iPhone7の故障

MNP(番号ポータビリティ)でキャリアを乗り換えもめんどくさそうだし。。。とダラダラとiPhone7を使っていたところ、幸か不幸かiPhone7が謎の故障。

Wi-FiとBluetoothがグレーアウトして接続できない状態に。

【突然Wi-Fiがグレーアウト】

電源切ってもSIMカードを抜き差ししてもネットワークリセットしても症状は変わらず。

内部基盤の故障のようで修理費も結構かかってしまうとの事。

コレを都合よく「お告げ」として捉えてしまうポジティブシンキングな私は、ここぞとばかりに近所のドコモショップへ。

MNPでGalaxy Note8を見積もってもらったところ、なんと本体価格1万円との事。

初めてのMNPで色々と手続きは面倒でしたが、意を決して契約。

一括で本体代を支払い4月からGalaxy Note8ユーザーとなりました。

次回からは、開封や周辺グッツ、購入以降2週間ほど使用してのレビューをしたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。