電池もアプリも必要なし。スマホの写真を手軽にチェキフィルムにプリントできる【プリントス】が素晴らしい!!

タカラトミー『プリントス(Printoss)』が最高すぎる

スマホの写真をかんたんにチェキプリント

おはようございます、コパールです。

クレジットカードサイズの写真でレトロ感抜群、人気のインスタントカメラ『チェキ』

チェキから映し出される写真は現代の高性能カメラからはまさに逆行した、懐かしい雰囲気のインスタントカメラ画像そのもの。そんなレトロな画質が「カワイイ」と、発売から大人気。

失敗写真の量産が怖い

見た目とてもカワイイしオシャレだし、何より世界で1枚しか撮れない瞬間が「写真」として残るという魅力もあるんですが、なによりも失敗写真が怖い。。。

チェキには専用のフィルムがあり、このフィルムが1パック10枚入りで約800円。つまり1枚80円で写真1枚現像。

以前、子供に持たせたら面白い写真を撮るかも、と「写ルンです」を買って渡したことがあったんですが、現像してみたら放送中のアニメのTV画面だとか鼻のドアップだとか、見事にワケわかんない写真のオンパレード(笑)

ま、それはそれで面白いんですけど、それらの写真に1枚80円を払う勇気が私には無く、子供達のおねだりをいままで跳ね除けてきました。

写真を選んで現像したい

写真・カメラ好きの私にとっても「チェキ」はとても気になっていましたが、上記の理由で購入には至らず。

「チェキ」のシリーズの中でもデジカメのように背面液晶付きで、撮影した画像から選択したものをプリントする魅力的なモノもあるんですが、本体価格も高く手が出せません。。。

タカラトミー『Printoss(プリントス)』

タカラトミーさんから発売されている「プリントス」

簡単に説明すると【スマホ内の画像を選んでチェキプリントできるアイテム】

数十枚プリントしてみましたが、個人的にめちゃくちゃオススメです、コレ。

実際に開封から使い方まで紹介したいと思います。

内容物

内容物は本体と説明書のみです。

本体カラーは全3色。左から『SAKURA』『SORA』『SUMI』

それぞれのネーミングとマッチした色展開。私はきれいな薄いピンクの『SAKURA』を選択。

外観

正面下部にはフィルムの出口、右側にはフィルム排出つまみがあります。派手すぎないピンクとホワイトの配色がカワイイ。

背面にはフィルムパック出し入れする際の裏ぶた、裏ぶたにある小さな小窓はフィルム確認窓。右上の数字はフィルムカウンターになります。

両ウイングを開くと中央にレンズが。レンズの外側に四角い白いフレームが収納されてます。

実際にプリントしてみた

まずはフィルムを本体に入れます。

裏ぶたのロックを外し、フィルムパックの黄色の目印の位置に注意して挿入。裏ぶたを閉じればフィルムセット完了です。

次はフレームの取り出し。フレームは左右のツメが引っかかっている状態で収納されているので、ツメをズラすと簡単に取り外せます。取り外すと同時にレンズ部がせり上がってきます。

コチラがフレーム。左右に縦の粘着面があります。はじめは粘着面にフィルムが貼ってあるので剥がします。この2本の粘着面がスマホをある程度固定してくれます。

また、フレームには左に2つ、右に1つのツメがあり、2つツメの方に画像を上にしてセットします。

こんな感じでスマホのセットは完了。

注意点:スマホの画面明るさは最大、明るさの自動設定はOFFに。

スマホの画面が暗いと、きちんと露光できず失敗してしまいます。

スマホをセットしたフレームを、本体に乗せます。

乗せる際、両ウイング先端のツメの形状が違うのでフレームをツメの形状に合わせてセット。

レンズ下部に小さな画面確認用ミラーがあるので、画像の向きなど確認できたらセット完了。

あとはシャッターを下げるだけ。「カシャン」と音がするまで押し下げたら撮影は完了。

フィルム排出つまみをくるくる回すとフィルムが排出。

真っ白なフィルムに1、2分かけて「じわーーーっ」っと画像が浮き出てくる感じがなんともノスタルジックで堪りません。

チェキでは出来ない事が出来る

複雑そうに感じる上記の撮影手順も1、2回やればすぐに慣れ、排出されるフィルム写真のなんとも言えない『味』に魅了されます(笑)

また、スマホの写真をプリントできるということは、本家のチェキ」ではできない事が可能です。

  • 左上:先ほど撮影手順で紹介した写真
  • 右上:8年前、娘たちがまだ小さかった頃
  • 左下:娘の気取っている写真をスマホでモノクロ編集
  • 右下:昔の写真をスマホでビンテージ加工&文字入れした写真

そう、過去の写真や加工した写真もプリントできるんです。

これがめっちゃ素晴らしい。例えば人気アプリ「SNOW」なんかで撮った画像や、ずっと残しておきたいお気に入りのインスタの画像なんかもプリントできる。

タカラトミーさん、素晴らしすぎます。

タカラトミー 【プリントス(Printoss)】 まとめ

GOOD
  • 価格が安い(税抜き3700円)
  • コンパクトで軽く、手軽に持ち運べる(約350g)
  • 電池不要・アプリ不要(本体・フィルム・スマホだけ)
  • カワイイデザイン(配色も綺麗でデコってもさらにカワイイ)
  • 失敗写真が少ない(画像の選択や、画面の明るさに気をつければほぼゼロ)
  • 操作も簡単(慣れれば1、2分でプリントアウト)
BAD
  • フレームのせた時のガタガタ感(ちょっと不安定)
  • 撮影範囲がフレームより若干ズレる(フレームより若干小さくプリント)
  • フィルム排出つまみはどこまで回せばいいのかわかりづらい

総評として【プリントス】めっっっっちゃオススメです!!

プリントスHPや外箱にも記載されていますが、専用アプリや電池が要らないのはホントにユーザビリティが高いです。また価格も4000円を切る価格設定も素晴らしすぎます。

コレが6000円とかなら私は買わなかったでしょう(笑)

使用して数時間で『タカラトミーさんはすげーモノを作ったな』と感じました。

私のように『チェキは気になるけど。。。』とお考えの方や、チェキ買いたいけどお小遣いが足りない、という方には心からオススメしたい商品です。

開封&レビュー動画

YouTubeに実際に使ってみた動画をUPしてます。

よろしければ見てやってくださいm(._.)m

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。