定番のBluetoothスピーカー【Bose SoundLink Mini II】がホントに良かった!!

人生初、BOSEのスピーカー買ってみた。

Bluetoothスピーカーの便利さに驚いた。

2015年の発売から約2年半。

今更ながらBluetoothスピーカーの定番中の定番、BOSE(ボーズ)サウンドリンク ミニIIを購入しました。

購入のきっかけは、ふと立ち寄った家電量販店のスピーカーコーナー。一際クリアな音質、重低音で存在感を放っていたのがコイツ。

『なんでこんな小さなボディからこんな音が出んの?』と、しばらく聴き入っていました。

その場で実際に自分のiPhoneでBluetooth接続をテスト。ホントに簡単な作業でペアリングできる事に驚き、いつも聴いている音楽を再生させ、その「音の解像度」に再度ビックリ。

ちょうど初売りセールでお買い得価格になっていたので迷わず購入。

発売からかなりの月日が経っていながら、Bluetoothスピーカーの定番と言われ続けている【Bose SoundLink Mini II】の開封からレビューしたいと思います。

ボーズ サウンドリンク ミニ2の開封

中箱を取り出し、上蓋を開けると「でーん! !」と本体が登場。

本体色は『カーボン』の黒、『パール』のシルバーの2種類あり、パールを選択。

内容物

  • 本体
  • 充電クレードル
  • 充電用コード(USBからMicroUSB)
  • コンセントアダプタ
  • 取扱説明書

本体外観(パール)

【正面】

小型ながらズッシリとした重み。真ん中に「BOSE」のロゴというシンプルなデザイン。

外装の素材はアルミでひんやりとした質感。角のない柔らかい印象を与えるデザインから、軽めの印象を受けますが重量は670gと500mlのペットボトル以上。

【上面】

上面には各ボタン類。

左から、電源・音量ー・マルチファンクション・音量+・Bluetooth。

ボタン類上部には外装とは表面処理の違う商品名のロゴの入ったアルミのパネル。

薄いゴムで覆われたボタンは「ペチ」っとした押し感で、押した感覚はあるものの、若干スイッチ感が弱く、ついチカラを入れてしまいます。

【右側面】

本体向かって右側面にはミニプラグと電源供給のMicroUSB入力ポート。

【左側面&背面】

本体向かって左側面には何もなく、背面には前面同様網目になっているオープン構造。調べたところ、全面からは主に高音、背面からは低音が出ているらしいです。

【底面】

底面にはしっかりとした厚みの大きめのラバーと充電ドッグへの接続コネクタ。

本体のみで連続10時間再生できるので、気軽に外に持ち運んでどこにでも置いても、本体をこの傷から守ってくれ、且つ、滑り止めの効果もあります。

充電クレードル

背面右側にMicroUSBポート、上面右上には本体との接続コネクタ。

本体をストンと乗せるだけで充電開始。もちろんこのまま再生出来、違う部屋や屋外で使う時は本体をそのまま持ち出せばOK。

充電のMicroUSB入力ポートが背面に付いてる事で、正面から見てもコードが見えずインテリアとしてもとてもスマート。

自分はPCデスクのデスクライト横に置き場所を決めました。

iPhoneとBluetooth接続

普段使用しているiPhoneとBluetoothで接続。

接続法は本当に簡単。本体右のBluetoothボタンをポチ、iPhone側にBluetooth機器に「Bose Mini Ⅱ SoundLink」が表示されるので選択し、ペアリング完了。

Soundlink® Mini IIのワイヤレス通信距離は約9 m。配線せずにお好きなサウンドを楽しめます。音声ガイドがスマートフォン、iPad、その他のBluetooth機器とのペアリング手順を案内するので、非常に簡単に設定できます。スピーカーは最近使った機器を8台まで記憶するので、再接続も簡単です。

*BOSE 公式HPより引用

視聴

実際にiPhoneに入っている曲を色々と聴いてみましたが、全体的にクリアな音質の中、低音はやはりドッシリ。激し目のバンド系の曲なんかは、少し疲れる印象を受けました。

ただ、しっとりしたR&Bや女性ボーカルの楽曲にはすごく合っていて、歌い手のブレスや弦楽器のスライド音も聴き取る事ができ、臨場感があります。(素人の感想です)

本体にイコライザーはないので、細かい調整は送信側である程度好みの設定にしてあげると良いかと思います。

もちろんYouTubeやラジオアプリ『radiko』、Amazonプライムビデオに代表されるストリーミング配信の音声も出力され、普段より高音質で楽しめます。

個人的にハマったのは『SoundCloud』でのChillHopのプレイリスト垂れ流し。

ただ流しているだけで汚い部屋の中がおしゃれな雰囲気に包まれます笑

BOSE SoundLink Mini Ⅱ まとめ

GOOD POINT
  • 18㎝・670gと小型軽量でどこにでも気軽に持ち運べる
  • 1度の充電で約10時間の連続再生でき、モバイルバッテリーでも充電可能
  • 一度接続すれば送信側からの操作だけでOKのシンプルでわかりやすい操作性
  • アルミ製のスマートなデザインでインテリアに合わせやすい
  • 音量を上げても音割れしないクリアでナチュラルな音質
BAD POINT
  • 価格が若干高め(実売16740円)*記事執筆当時
  • ソースによっては低音が強く耳が疲れることも
  • イコライザー非搭載(送信側にイコライザーがあれば調整可能)

発売から2年以上も経っているのが信じられないくらい新鮮で、もっと早く買っていればよかった、と後悔すらしてます・・。

個人的な感想になってしまいますが、やはり部屋に高音質の音楽が流れるのは最高です。

いつの頃から「音楽」を取り巻く環境が変わり、部屋からコンポとCDラックが消え、PCやスマホ内に収まるようになりました。

PCやスマホの内臓スピーカーでは到底味わえない、『サウンドリンクミニ』から流れる心地よいサウンドは、『音楽を聴く』という忘れていた習慣を思い出させてくれたように思います。

ふと思いついた時にいつでもどこでも音楽を再生できるコンパクトBluetoothスピーカー【BOSE SoundLink Mini Ⅱ】

音楽を聴く習慣を忘れている方にかなりオススメします。

カーボン(黒)は若干価格が高めですが、グっとしまった印象でかっこいいすね。

私の購入したパール(シルバー)です。アルミの質感が存在感をUPさせます。

本体の保護ケース。傷が付きがちな屋外でガンガン使用する方にオススメ。

持ち運びに便利な専用キャリングバッグ。

同価格帯でIPX4等級の防滴性能を備えた「SoundLink Color」

全4色展開されており、好みのカラーを選択出来ます。

こちらも家電量販店で視聴しましたが音よかったです。こちらを飼うか悩みました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。